「 デラべっぴん編集部 」一覧

初主演作で女優として注目を集める一方、改めて、グラビアにも力を入れ始めた筧美和子。そのワケとは???

14515729_648838275289532_6862297092539285504_n引用:http://lineblog.me/kakeimiwako/archives/6956347.html

ドラマ『OLですが、キャバ嬢はじめました』や映画『闇金ウシジマくんPart3』への出演、この10月からは初の主演ドラマ『CRAZY』(TOKYO MX系・水曜22時48分~)がスタートするなど、完全に女優づいている一方、コンスタントにグラビア活動も継続中の筧美和子(22)

『テラスハウス』がブレイクの一因であるなど、元来、女優志望ということもあり、一時は、ファンの間で「グラビア卒業は時間の問題か?」の声も囁かれた彼女だが、ここにきての明確な二刀流路線(モデル業も入れると三刀流?)は素直に喜ばしい限り。

続きを読む


“伝説の不仲”元おニャン子、新田恵利と国生さゆりの奇跡的共演が話題を呼ぶ中、沢尻エリカ☓SHERRY、中村静香☓河北麻友子など、アイドルや女優の知られざる不仲の噂をピックアップ!?

スクリーンショット 2016-10-03 17.19.01

実に不仲歴37年(!?)の年月を経て、9月29日放送の『ダウンタウンDXDX』において、ファンも仰天の奇跡の共演を実現させた元おニャン子クラブの新田恵利(48)と国生さゆり(49)。
「ワタシ、なんにもしてないのに、さゆりちゃんがみんなでいじめたんじゃんか!」と新田が言えば、「ワタシのせいじゃなくて、恵利ちゃんに人望がなかっただけ!」などと国生が応戦するなど、随所調所で共演者を唖然とさせることになったが、そこはさすがに大人の女性の2人。
最終的に険悪なムードになることはなく、MCのダウンタウンやおニャン子の熱烈ファンで知られる土田晃之らのツッコミ、フォローもあり、いずれも笑い話として昇華され、微笑ましい印象を残してくれることに……(たぶん)。

続きを読む


ここにきてブレイクの予感も? テレ朝入社3年目の山本雪乃に俄然注目が!?

スクリーンショット 2016-09-26 15.06.03引用:http://www.tv-asahi.co.jp/announcer/personal/women/yamamoto/body2.html

注目の女子アナ!テレ朝入社3年目の山本雪乃

ポスト・カトパン(元フジテレビアナウンサー・加藤綾)の不在や空前のフリーアナバトルが勃発するなど、よくも悪くも、俄然、注目が集まっている女子アナ・シーン。
弱肉強食の厳しい世界で生き残るべく、いかにその中で頭一つ抜け出すか、本人も各局も必死というのが現状といえるが、そんな中、一人の女子アナに注目が集まっている。テレ朝入社3年目の山本雪乃(24)だ。

続きを読む



依然解決見せない“のん”問題の一方で、怒涛の快進撃を続ける「レプロエンタテインメント」。いったい、どんな事務所なのか?

スクリーンショット 2016-09-26 14.49.42レプロエンタテンメントHP:http://www.lespros.co.jp/

快進撃を続ける「レプロエンタテンメント」とはどんな事務所なのか?

能年玲奈改め“のん”とのトラブルで、俄然、注目を集めるようになった事務所「レプロエンタテンメント」。
不意に独立騒動に巻き込まれたという意味で、当初は被害者的見方が大勢を占めていたが、いっこうに思うように活動ができない彼女を目の当りするにつれ、最近は、一部では加害者的なそれも浮上中。いったい、どんな事務所なのか?

続きを読む


菜々緒、桐谷美玲、土屋太鳳、広瀬すず…などなど、近年ブレイクしている女性タレントの以外な共通点を発見!! それはなんと“目を開けて眠る”こと!? 

昔もいまもアイドルや女優がブレイクを果たす場合、いくつかのパターンが考えられる。
たとえば、伝統のオーディションや賞でグランプリを獲得すること、出世作ともいうべき話題の作品に巡りあうこと、自分ならではの肩書きやウリをものにすること、などなど。

続きを読む