「 芸能、スポーツ 」一覧

小倉優香、菜乃花、浜田由梨、武田玲奈、川崎あや、久松かおり、清水楓、石岡真衣……。昨今のグラビア卒業、およびアイドル卒業が相次ぐ時流について、ちょっとだけ考えてみた!

『ラストグラビア 浜田由梨』

アイドルのグラビア卒業について

38歳の人妻&3人の子の母親にして、依然グラビアを続ける熊田曜子。かたや、40歳にして、16年ぶりの写真集が話題の熊切あさ美など、グラドルの高年齢化が再びクローズアップされがちのグラドル界だが、その一方で、若くしてグラビアを卒業(および、グラドル界からフェードアウト)する者が絶えないという実情もあり……。

続きを読む



16年ぶりにリリースの写真集が高セールスを記録中の熊切あさみの躍進を受け、俄然注目の“花の1980年生まれ”グラドルたち。これまでの豪華なメンツと歩みを振り返りつつ、今後の展開を予測する!?

再評価されつつある“1980年生まれ”のグラドルたちとは

ここにきて、一部ネットで評価(再評価?)が著しい“1980年生まれ”のグラドルたち。プロ野球でいうなら、いわゆる“松坂世代”というわけだが、実はグラドルも錚々たる顔ぶれが並ぶのがこの年生まれ。

「ざっと挙げると、山田まりや、嘉門洋子、優香、酒井若菜、眞鍋かをり、小池栄子、川村亜紀、吉岡美穂、根本はるみ、井上和香、夏川純、優木まおみ、壇蜜、脊山麻理子など。ここに、目下、新作DVDと新作写真集が高セールスを記録中の熊切あさ美も加わり、さらに厚みが増しました。凄さはなんといっても活躍が長期にわたっている点で、最初に1996年に16歳でブレイクした山田まりやから、今回の再ブレイク中(笑)の40歳の熊切まで実に24年にわたってシーンを盛り上げていること。たとえば、1998年にブレイクした優香と同じ高校で同じ学年の井上和香のブレイクが2003年で、当時その5年の開きですら驚愕したわけですが、それが24年ともなると奇跡の時空と呼ぶしかないでしょう(笑)」(アイドルライター)

ちなみにプロ野球・松坂世代で現役なのは、その松坂(西武)と藤川球児(阪神)の2人。藤川の昨年の記録を見ると(16セーブ、23ホールド)、「恐るべしその世代!」と唸るしかないが、グラドルにおけるそれも負けじと気を吐いている模様。

「とりあえず、グラビア現役組は脊山と熊切ですか。熊切がいい感じで再ブレイクしているので、この流れを切りたくはないですがね。前述のメンバーで言うと、期待したいのは川村亜紀あたりでしょうか。2000年ミスヤンマガグランプリから20年を経て、その魅惑の巨乳ボディ、見てみたいですねえ。あとは、伝説のグラドル番組『BiKiNi』で山田まりやや嘉門と一緒に活躍した1980年組。柳明日香、浜田春菜、三浦直子あたりの元祖ギャルグラドル勢のいまの姿は、断然興味ありますね」(同氏)

浜田春菜といえば、のちに音楽ユニット・HΛLのヴォーカルのHALNAとして脚光を浴びることになるグラドル。確かにいま水着姿を披露してくれたら興味深いものが。待望論については、アイドル評論家の三橋りの氏にも聞いてみた。

「熊切が在籍していたチェキッ娘繋がりで、同い年のメンバーの下川みくにや町田恵、森知子らだと話題性も抜群ですが、さすがに無理ですよね(苦笑)。脊山よろしく女子アナ枠では、伊藤綾子がいますね。熱愛報道を経て、2018年にシーンからいったんフェードアウトしている彼女。12月に40歳になる前に、復活の嵐……もとい、復活の狼煙(のろし)という意味ではグラビアは格好の手段じゃないでしょうか(笑)」

熊切の再躍進を受け、にわかに活気づきそうな予感もある“1980年生まれ”のペルソナによるグラビア・シーン。その再評価の動きも含め、じっくり注目していきたい所存だ。

(文・織田祐二)

 



“日本一エロすぎるグラドル”森咲智美。熱愛報道後もDVDは依然好セールスを記録中で、人気に陰りは一切見られず。彼女の真の凄さとは?

森咲智美の凄さとは

西暦2020年にして令和2年の現在、一番凄いグラドルは誰か? と問われたとき、アナタはどう答えるだろう。今年に入ってDVDが売れているグラドルといえば、amazonで1位を長らくキープすることになった山田南実や森咲智美、東雲うみ、瀬山しろ、DMM月間ランキングで1位に輝いた安藤咲桜、ダントツの雑誌表紙登場回数を誇る沢口愛華、それに追随する石田桃香などがその候補として挙げられると思うが、はたして、真に凄いグラドルとは?

「“一番凄い”とか“真に凄い”とか、かなり抽象的な質問だと思いますが(笑)、ズバリ、それらの中で一人挙げるなら、森咲智美でしょう。なぜなら、熱愛が報じられても、ここまで売り上げに影響が少ないグラドルは稀有といっていいですから。かつてのリア・ディゾンがその筆頭と思われますが、山本梓、瀬戸早妃、青島あきななど、トップ・クラスの人気を誇りながら熱愛で大なり小なり失速したケースはいくつも。熱愛の真偽はともかく、それをさらに話題性として昇華させる彼女は“本当に凄い”と断じていいと思います」(芸能評論家・三橋りの氏)

知る人ぞ知るように、ほかにも、大物お笑い芸人との不倫や、ジャニーズ系タレントとの交際発覚で完全フェードアウトしたBクラスの(笑)グラドルなどもおり、やはり、昔もいまもスキャンダルはご法度。その意味で、森咲は確かに“凄い”のだろう。

「かつて、大物芸人との噂が浮上した現・超ベテラングラドルのK・Yや、中堅のお笑い芸人とのお泊りが発覚したK・Aの例もあり、彼女らはなんとか乗り切ってきたわけで、前例がまったくないわけではないですがね(苦笑)。ただ、確かに森咲智美は“凄い”ですよ。自身のYouTubeはコンスタントに10万回の再生数を記録しており、くだんの報道後にアップしたAV実況モノや、巨乳あるあるトークの映像は50万回以上の再生を記録。某月刊誌のラブホ探訪連載も俄然好調ですし、死角はほぼないといった感じですかね」(グラビアムック編集者)

とはいえ、さすがにここきて、売り上げランキングの順位は下がってきているという話もあるが……。

「DVD最新作の『淫ら』は4月23日発売。発売前の予約段階から上位にランクインしてきたわけで、いくらクイーンといえども、もう十分でしょう。その前作『花びら』もロング・セールスを記録しましたからね。展開としては、もう次の作品のリリースに向けて動いているはず。くどいようですが、自分も彼女の“凄さ”に1票投じたいところです」(芸能ライター・織田祐二氏)

前述の10万超え連発のYouTubeだが、登録者数は10万弱で、登録者以外の人間が大勢見ているという実情も。

「うーん、本当はチャンネル登録したいものの、どこかで羞恥心が邪魔して躊躇している人間が多いのかも(笑)。あと、余談ながら、彼女の盟友である橋本梨菜のYouTubeといえば、所属ユニットのsherbetの“シャベチャン”ですが、実に、一番の再生回数映像は森咲とももせももの2人がゲストで登場した回だったりします。ほんとに余談ですが、付け加えておきます(苦笑)」(織田氏)

ツイッターのフォロワー数は24万超にして、インスタのフォロワー数は276万超という彼女。“日本一エロすぎるグラドル”は、やはり、いま、一番“凄い”のだ!

(文・ニイゼキユウジ)