「 寺本莉緒 」一覧

沢口愛華の最大のライバルと呼ぶべき、目下絶好調の寺本莉緒。実は“ポスト大原優乃”の大本命? さらにその先に彼女が見据えるものとは!?

“ポスト大原優乃”の大本命!?

『寺本莉緒1st写真集 CURIOSITY』

令和グラドル界の超新星の沢口愛華(17)に負けず劣らずの勢いで、現在シーンを猛進中と呼べるのが寺本莉緒(18)。ともに2018年のミスマガ出身(沢口はグランプリ、寺本はミスヤングマガジン)であり、小柄な体型に反して(沢口は身長154センチ、寺本は150センチ)、ともにバストが88センチ、ウエストが60センチと同じ数値。『ヤンマガ』で沢口が表紙を飾れば、同日発売(6月8日)の『週プレ』では寺本が表紙を飾るといった具合に、まさに好ライバルといって関係。

「周知のように、新垣結衣や内田理央らを擁する老舗、レプロエンタテインメントの所属ですね。広島県出身で、レプロとソニーミュージック主催の『DREAM GIRL AUDITION2015』を経て、事務所入りしましたが、最初の仕事はTOKYO IDOL FESTIVALでの9nineやベイビーレイズJAPANの物販手伝いという異色の経歴の持ち主。元々、幼児期にキッズモデルを経験しており、芸能に対する考え方や体験値はほかの新人とは一線を画したものを持っているといえます」(アイドルライター)

ちなみに広島県出身のミスマガジングランプリ級選出は、1998年に準グランプリに輝いた、現・国会議員の塩村文夏以来とも?(笑)。

「モデルや女優中心のレプロ発のグラドルという意味では、内田理央や井口綾子らに続く存在でしょうか。3月にリリースした1st写真集『CURIOSITY』がビッグ・セールスを記録し現在も売れ続けていますが、できれば、DVDという形でもリリースをお願いしたいところ。王道のグラドルの基本はやはり動く姿を披露することですからね。タイトルはもちろん、愛称そのままにキャッチ―な『テラパイ』で」(芸能ライター・織田祐二氏)

すでに、『ヤンマガ』や『週プレ』関連での動画が披露されているが、確かに、個人の作品としてリリースしていただき、実績としてランキング入りという形での展開も望みたい次第。

「来年2月で創立30年目を迎えるレプロにとって、グラドル部門での彼女のブレイクはとても大きな意味があるといえるハズ。昨年、井口が受賞した集英社の『グラジャパ!アワード』の本年度の受賞には期待したいところですし、加えて、2015年に内田が受賞し、2018年には浅川梨奈も受賞したベストフンドシストアワードあたりの受賞にも期待を寄せたい。いや、現時点、彼女とふんどしの相関性はなにもないですが(笑)、武田久美子、宮沢りえの時代から、壇蜜、内田、浅川、川崎あやに至るまで、ふんどしとトップアイドルのゆかりは大変深いですから……」(織田氏)

レプロといえば、かつて、10代でトップアイドルの位置に君臨しながら、男性誌では頑なに水着にならない子もいたが、同じ10代でここまでそれを披露してくれる姿勢には感服するばかり。賞賛とポテンシャルが俄然尽きない中、彼女の今後の歩みは、広島県が生んだ希代の(いろんな意味で)グラドルにしてトップ女優の綾瀬はるかに連なるという見方も??? そのあたり多大な期待を込めて、注目していきたい。

 

(文・天然バナナ工場長)