レースクィーンやセミヌード写真集も発掘されたミリオンヒット連発の歌姫。闘病生活中に謎の転落死!【聖地巡礼7】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入院していた慶応義塾大学病院

入院していた慶応義塾大学病院


突然の事故死に日本中が驚いたZARD・坂井泉水の事故現場

メディアの露出が少なく、亡くなるまでミステリアスな雰囲気に包まれていたが、その死はあっけなく訪れたのだった。

人気音楽ユニット・ZARDのボーカルだった坂井泉水は2007年に癌治療のため東京都新宿区信濃町にある慶應義塾大学病院に入院。

5月26日早朝5時40分頃、院内の非常口のスロープから3メートル下に転落、駐車場で仰向けに倒れているところを通行人に発見されるが、翌5月27日後頭部強打による脳挫傷で急逝、40歳の若さだった。

一番下段のスロープに腰をかけてたと言われる

一番下段のスロープに腰をかけてたと言われる

スロープから地上までは3メートルの高さだった

スロープから地上までは3メートルの高さだった

メジャーデビュー前は水着モデルやレースクィーンなども経験し、そのレアな姿が数々の雑誌に発掘されると、過去に出版されたセミヌード写真集が20万円の値段を付けるなど、一時、お宝ガールとも呼ばれた坂井泉水。

91年2月にZARDのボーカルとしてメジャーデビュー。ドラマ主題歌やCMタイアップの影響もありミリオンヒットを飛ばす快進撃を見せた。

現在でも当時のまま駐輪場に使用されている転落現場

現在でも当時のまま駐輪場に使用されている転落現場

しかし2000年以降、数々の病気が発症し2007年に極秘で入院。アルバム製作とライブツアー復活を目指しがんばっていたが、上記のとおり2007年5月に病院のスロープから転落死した。

現在もこの場所はバイクの駐輪場として利用されている。

(取材・撮影 KKフォトグラフ)

ZARD Forever Best~25th Anniversary~
ZARD
ビーグラムレコーズ (2016-02-10)
売り上げランキング: 21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加