伝説の“麻薬入りブラックカレー”作ってみた&喰ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ajihei 014

“再現クッキング”~料理マンガの元祖・包丁人味平に出てきた麻薬のブラックカレーを再現!

ajihei 001さて、今回からはじまる当サイトの新企画、再現クッキングのコーナーであります。記念すべき一回目は、料理マンガの元祖『包丁人味平』より、伝説のブラックカレーづくりに挑戦してみたいと思います。

ajihei 002今をさかのぼること42年前。少年ジャンプに連載されていた本作は、
ミスター味っ子よりも美味しんぼよりも時代にさきがけて描かれた、
料理マンガの草分け的存在であります。当時の少年たちは主人公の味平
がつくるアイスクリームの天ぷらや、ドラム缶ラーメンなどの必殺料理
に魅了され、夢中になって読んだものでした。

なかでも、カレー将軍こと鼻田香作との激闘が描かれたカレー勝負の
長編は名作中の名作。鼻田香作がつくりだした神秘の味、ブラックカレーは
食べた者をとりこにし、味平カレーは完膚なきまでの敗北を喫します。

ajihei 003ajihei 004

しかし、このブラックカレーにはおそるべき秘密が隠されていました。なんと、
麻薬成分がふくまれるスパイスが使用され、一度食べた者はもはやブラック
カレーなしではいられぬ中毒状態におちいってしまうのです。

ajihei 005

(味平の助っ人・佐吉さんまでもブラックカレーのとりこになってトリップ中)

気がつけば助っ人の佐吉さんも、味平にほの字の梨花さんまでも毎日
こっそりブラックカレーを食べにいく始末。麻薬成分の秘密を知らぬ
味平は、くやしさに打ちふるえながらも、鼻田香作に敗北宣言します。

味平「く…くやしいが…俺の負けだ!」

鼻田「クアーッカッカッカッ…俺の負けだと…思い上がるんじゃ
ねえぜ味平。みろこの客たちを。みんな俺の作ったブラックカレーに
酔いしれているじゃねえか。こいつらはもう俺のブラックカレーなし
では生きていけなくなるんだぜ。クアーッカッカッカッカカカ…」

ajihei 006

店のオーナーは鼻田のただならぬ雰囲気を察知し、救急車を呼びます。
サイレンとともに搬送されていった鼻田。そして後日……

ajihei 007

新聞の一面に「ブラックカレーは麻薬」の大ニュース。そして鼻田
香作自身もブラックカレーの調合によって中毒になり、精神に異常を
きたしてしまうという壮絶なラストシーンを迎えます。

どーですかみなさん。この少年マンガにあるまじき劇的ストーリー。
この伝説の麻薬のブラックカレー、食べて見たいと思いませんか?
 思いますね? というわけで前置きが長くなりましたが、
いよいよ今回の「麻薬のブラックカレー」再現コーナーに突入
であります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加