【閲覧注意】実際に出会ったらオシッコちびる!? 見た目が怖すぎる野生動物たち【動画あり】

人類は月には到達しましたが、いまだに深海の底には辿りつけていません。
なにが言いたいかっていうと、まだまだ世界は発見と驚きに満ちているってことですね。

当然未知の生物もいるわけですが、その中には「なんでそんな見た目してんの?」という生き物や「うわっ、怖っ!!」と叫んでしまいそうにな生き物も。

今回はその中でも見た目がかなり怖い系の生物をご紹介します!!

【オオカミウオ】

固い殻を持つ貝も噛み砕く顎と歯をもっている魚。
こんな見た目でも性格はおとなしい。
ちなみに食用可。

【ルブロンオオツチグモ】

世界最大のクモ。体長は足を広げると20センチを超える。
性格は攻撃的。毒性は強くないが、噛まれると怪我をする。
餌はネズミやコウロギ。鳥を食べるとも言われている。

【アイアイ】

「あーいあい、あーいあい。おさーるさーんだよー♪」の歌でお馴染みのアイアイ。
人には無害ですが、赤ん坊の見た目は写真の用にとても凶悪です。

【ミツクリザメ】

英語ではGoblin sharkとも呼ばれている。
深海に生息し世界各地で発見されているが、出現はまれ。
生きているときはピンク色だが死ぬと褐色にかわり、さらに時間が経つと灰色になる。

【See Pig】

コチラも深海生物。なまこの一種だといわれている。
愛嬌のある風貌のような気もするが、ヌメヌメ感がやっぱりちょっと…

【ハダカデバネズミ】

体長は8センチ〜9センチ。アフリカに生息。
触り心地はよさそう。
アフリカが暑すぎて裸なのか、地中に住んでいるので裸なのかわからないが、もうちょっと毛を生やして欲しい。

【ホシバナモグラ】

体長12センチ〜13センチ。鼻のまわりに怪我なく、その肉質の部分が星状になっているのこの名前がついた。
他のもぐらより目がでかいらしいが、この写真だと全然わからない。
見てると星形の鼻部分が顔に見えてくるのは私だけでしょうか?

出典:

Inspiration, laughter, thought-provoking facts and epic fails to distract and amuse you. Get your mind off the daily drudge and into the DailyQuencher gutter.
 
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
(文・構成:デラべっぴん編集部)

関連商品