久々の写真集が好セールスの佐野ひなこ。様々なスッタモンダを経ての復活は本物か? 今後の動向は?

7月にリリースした2年ぶりの写真集『最高のひなこ』が好セールスを記録中の佐野ひなこ(23)。

一時は“ポストこじるり”として大きな注目を集めるも、疑惑のスキャンダルの浮上、さらには一部メディアで素行の悪さが取り上げられるなどして、いつしか勢いはトーンダウン。

その意味で今回の復活劇はファンにとっては待望の出来事といえそうだが……。

「1万部売れれば成功といわれる写真集にあって、1万5千部に迫る売り上げで重版も決定ですからね。
坂道勢の数字には及ばないものの、同時期にリリースされた、いまをときめく、吉岡里帆の写真集の売り上げが2万部超ということを考えると、立派な結果といえるでしょう。
実際、彼女も手応えを感じているようで、写真集を取り上げたYouTuberによる映像をツイッターでリツイートするなど、これまでにはなかったフレキシブルな動きも。
乾坤一擲、過去最大の露出は見事功を奏しましたね」(アイドル評論家)

気になるのはやはり(笑)、グラビア活動に再度どれだけ力を入れていくのか? という点だろう。

「それに関してはあまり期待しないほうがいいかと(笑)。
というのも、彼女が芸能活動するうえで、目下、最も意識していると言われるのが、同年齢にして友人で同じグラドル出身の筧美和子(編集部註.学年は筧が一つ上)。
時折グラビアをやりつつも、あくまでメインの仕事は女優と決めている筧のスタンスに相当影響を受けているという話があります。
そもそも、かつてのブレイク時の勢いが無くなったと言われながらも、ほぼ途切れることなく一貫してドラマには出続けていますからね。
坂道系や旬の俳優陣の写真集人気が俄然盛り上がりを見せる中、絶大な知名度と底力でもって、新たな名刺代わりに存在感をアピールしてみたという見方でいいんじゃないでしょうか」(同氏)

女優として邁進するうえで、ボディの安売りは断固しないということか。ファンとしては残念な半面、確かに女優としての活動状況を見ると、現在出演中のドラマ『星屑リベンジャーズ』(名古屋テレビ、Abema TV)に加え、10月からは主演の連ドラ『深夜のダメ恋図鑑』(テレビ朝日系)がスタート。出演映画『サクらんぼの恋』も10月末から全国公開されるなど、物理的に当分グラビアに力を入れる余裕はなさそう。

今後の彼女に死角は皆無???

「唯一危惧する点といえば、ファンも周知のように奔放な性格ゆえの素行の面。
23歳の大人なのだからプライベートは自由という話もありますが、事務所の偉大なる先輩の綾瀬はるかや石原さとみの同年齢の頃を考えると彼女らは仕事一筋だったわけで、ホリプロが誇る未完の大器として、極力行動は自重すべき。
夜の六本木や渋谷の事情に詳しい知人から一時、いくつか情報が入ってきていたので、今後はそんなことがないよう仕事第一義の姿勢を望みたいところです」(芸能ライター・織田祐二氏)

ホリプロ女優といえば、人気ビッグ3の深田恭子、綾瀬はるか、石原さとみを筆頭に、若手の高畑充希、足立梨花、石橋杏奈、佐野らが猛追する形だが、なにかとボディも話題を集めるビッグ3に一番近い存在が佐野とも(同様にナイスボディで知られる石橋は先頃、楽天イーグルスの投手・松井裕樹と結婚)。どこまでビッグ3に近づけるか、これを機に当面大いに注目したいところだ。

(文・ニイゼキユウジ)

佐野ひなこ写真集 最高のひなこ
佐野 ひなこ
講談社
売り上げランキング: 1,424