【祝・広島カープ優勝!!】熱烈ファンも多数!! グラドルからAKB、アナウンサーまで!! “芸能界カープ女子”で打線を組んでみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スクリーンショット 2016-09-20 15.38.21

25年ぶりの優勝を果たした広島カープ。史上最速の優勝ということで、とにかく圧倒的な強さ(2位の巨人と14ゲーム差)が印象深い限りだが、その強さの裏には、話題のカープ女子、ひいては“カープ女子アイドル”らの熱烈な応援があったことを忘れてはならない。そんなわけで、アイドル界の最高最カワ・カープ女子で打線を組んでみた!

1 市川美織(遊)

2 岩佐美咲(二)

3 菜乃花(中) 

4 杉原杏璃(一)

5 内田嶺衣奈(右)

6 井上あさひ(左)

7 廣田あいか(三)

8 麻生夏子(捕)

9 和田彩花(投)

それでは、順に説明してみよう!! 

1番 市川美織 

不動のリードオフマン“アイドル界の田中広輔”はNMB48のメンバーにして「広島レモン大使」の市川美織。
2014年8月24日の広島-阪神戦での、特大レモンのかぶり物姿でレモンパワー全開の始球式が記憶に新しいが、「レモンの上にも3年」の名言のもと、’14、’15、’16年の足かけ3年で優勝に導いたファンとしての功績は絶大! 
新井の今年の驚異的な成績も、ファンである彼女の応援ゆえと言っても過言じゃない。

 

2番 岩佐美咲

“アイドル界の菊池涼介”は元AKBメンバーにして“No.1演歌アイドル”の岩佐美咲だ。
市川に先がけ、2014年4月11日の広島-中日戦で始球式と国歌斉唱を担当。
同年1月にリリースした広島県福山市の鞆の浦を舞台にしたシングル『鞆の浦慕情』は、氷川きよしの『ときめきのルンバ』以来、演歌としては4年5カ月ぶりのオリコン1位を獲得。
広島県を活気づかせたうえで、同年の広島3位の原動力の一因になった……と、この際だから言っておこう。ちなみに誕生日は新井と同じ2月1日だ。

≫次のページ クリーンナップはもちろんあのグラドルが!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加