初主演作で女優として注目を集める一方、改めて、グラビアにも力を入れ始めた筧美和子。そのワケとは???

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

14515729_648838275289532_6862297092539285504_n引用:http://lineblog.me/kakeimiwako/archives/6956347.html

ドラマ『OLですが、キャバ嬢はじめました』や映画『闇金ウシジマくんPart3』への出演、この10月からは初の主演ドラマ『CRAZY』(TOKYO MX系・水曜22時48分~)がスタートするなど、完全に女優づいている一方、コンスタントにグラビア活動も継続中の筧美和子(22)

『テラスハウス』がブレイクの一因であるなど、元来、女優志望ということもあり、一時は、ファンの間で「グラビア卒業は時間の問題か?」の声も囁かれた彼女だが、ここにきての明確な二刀流路線(モデル業も入れると三刀流?)は素直に喜ばしい限り。

「その辺の方向性の理由の一つとしては、同じ事務所にして、ライバルともいえるおのののか(24)の動向を意識してのものでしょうね。
バラエティと女優業を起用にこなしつつ、ネットニュースでの話題作りにも長けているおのに負けじと、自分なりのスタイルを築こうという意志の表れなんでしょう。
なんといってもボディは、あの巨匠・篠山紀信も太鼓判を押したほどのパワフル&セクシーさを兼ね備えた魅惑のシロモノ。いくら女優業が忙しいといっても、依然需要がある中、それを温存、封印するのは得策じゃないですから」(アイドルライター)

この夏には、定着していたロングヘアーをバッサリ切って、大幅なイメチェンもはかった彼女。デビュー4年目を迎え、心機一転、余裕をもって新たな章への前進といったところか。

「まあ、そういう楽観的な見方もありますが、もう一つ、彼女の思惑として考えられるのが、事務所の後輩にして、待望の1st写真集をリリースするなど、グラドルの新星として俄然注目を集める都丸紗也華(20)を意識してのものでしょう。
というのも、ヴィジュアル的にまったく異なったおのと違い、都丸のほうは、シャープなあごを始めとした顔の雰囲気や迫力ある巨乳の感じなど、一見してのイメージが被ってると一部で評判なんです(笑)。
筧としては女優に力を入れつつも、後々、万が一の際に焦ることのないよう、再度グラビアに力を入れ始めたというのが本心でしょうね」(同氏)

ネットでの都丸の目下の評判を見る限り、新グラドル・クイーンへの歩みとしては上々の滑り出しといっても過言じゃない。
元々、アイドルユニット時代から(FYT。今年の春に解散)、その巨乳ボディには定評があったわけで、その辺の事情は筧もよーく承知の上、くだんのイメチェンでもあったのだろう。グラドル・シーンのさらなる活性化の意味でも、2人には新旧(といっても年齢的には2歳違うだけ)魅惑の巨乳グラドルとして、互いに刺激し合い、活躍していただきたい!

(文・ニイゼキユウジ)

 関連商品

ヴィーナス誕生
ヴィーナス誕生
posted with amazlet at 16.10.03
筧 美和子
幻冬舎
売り上げランキング: 9,634
  • このエントリーをはてなブックマークに追加